「厚手のノート探し」ものを書くときに役立つ最適な100枚ノート、薄いコルクボードには罪がある。

ヒトリミ中高熟年見聞録

自分に合ったノート探しの旅はおもしろい

何かの記録であったりメモであったり、「あれなんだっけ?」と忘れてしまったときに供えて覚書を記しておく。

そういうノートを探している。

 

一時は、ルーズリーフ一辺倒であった。

ルーズリーフの良いところ(メリット)

差し替えが可能だ。というところ。

いつの間にか時間が立つことによって陳腐化してしまう事柄は世の中にあふれている。

長い期間、記録として取っておくならばルーズリーフが良いと思う。

しばらくはこのルーズリーフに惚れこんでいたからこればかり揃えていた。それこそ全色、全サイズB5もA5もだ。

 

ルーズリーフの悪いところ(デメリット)

あるときやっと気が付いた。

記録のメモとしては良いけれど、思考過程としての記録、日記のようなものにはルーズリーフは向かない。書き間違えたらミスしたまま書き残しておくことで、別な記憶が生まれるものだ。

それに、左側の部分がリングが邪魔で書きにくい。ということ。これは大きい。左側に書いていくに従い右の方にペンが移動するとリングが引っかかる。これがいけない。

綺麗に書こうと思ったら、1枚1枚用紙を外した上で裏表に書き込んでいくような方法になるわけで、そうすると作業が増える。面倒くさがりには向かないかもな。

 

やっぱりノートかな

それも、書きやすい紙で、裏映りしない、良いノート。

 

ルーズリーフは記録用で何かのずっと取っておくメモであって、何かを思いついた今後ずっと記録として残しておくようなものではないけれど、ヒントとして残しておきたいメモとしてつかうならやはりノートの形が一番いいかなと思う。

たとえばカード式も良いのだけれどコルクボードにも限界があるわけで・・・だあらノートかな。

薄いコルクボードは人の心を落ち込ませる

コルクボードで思い出した。

コルクボードは厚くなくてはいけない。

その辺で売っているボードに画鋲を指したときのつき通してしまうあの感覚は人貧しくする。落ち込む、あの感覚が嫌いだ。

ボスッ♪ってのが嫌いだ。

裏側に針の先が出ているのが嫌いだ。

だからコルクボードは厚くなくてはいけない。

薄いボードには罪がある。

ハイ!

大きいだけならいらない。厚さが書いていないモノは選ばない。

ハイ!

モアイの流儀だ。フフフ♪

 

 

わたしはこれを使っているのだけれど、厚さが2cmあるので引っ越しを機に壁にビス止めをしてしまった。

厚いので強く推して根元まで画鋲ピンを押し付けてもつき通してしまうことがないから気に入っている。それなりの大きさなのだけど足りない・・・

壁一面くらいあってもいいのかしれない。

だったら建てるときに注文した方が良かったのかもな・・・

本当はコルク100%が良いように思うのだけれど、中に芯が入っているのであれば見えないのだからそこは、その方が良いのかもしれない。

 

ノート厚さも問題だ。

紙の枚数20、30枚つまり40、60ページくらいのノートだと薄く感じて書きごたえがないのだ。

作りも値段も、なにかこう安っぽいのだ。

人様に見せるものでもない。ないけれど、自分の目線で納得したいのだ。

勝手なことを書いている。

 

ノートの大きさも問題だ。

A4はちょっとでかい。

B5からだ。

A5、B6とノートも揃えて実際に使ってみてその良しあしを探っていく過程が好きなところでもある。

 

最終的にノートの大きさはB5とA5でだいたいのことは事足りる。

外出した時にバッグに忍ばせておきたいメモとしてB6の小さいノートを持っておく。これだけで足りるんじゃないか?

最近そう思うようになってきた。

この大きさで、厚手のノート100枚クラスつまり200ページくらいあれば良い。

このブログに書くための記事ノートメモやアイディアの記録は今まで通りのノートが良い。

 

もちろんスマフォやPCにテキストとして保存しておくのも良いが、そこは古い人間ですから・・・日常のなかで当たり前の文章の記録方法として違和感を覚えない若い人であるならそれでいいだろう。

古い人間なので・・・

 

で、標準的な大きさのノートではあるけれど、厚手の100枚クラスのノートとなるとなかなか見つけられない。

首都圏以外の街では探しづらいのではなかろうか?

 

先日、無印良品のお店に行く機会があったので探して見て、厚さが1.5CmくらいのA5クラスのノートを見つけて買ってみた。200円だか300円くらいだったと思う。

300ページくらいある。(以上かな?)

 

実際に使ってみると、使い始めは暑い分だけ左側が書きづらい、その厚さゆえに右のページにほとんどの紙の厚さが残ってしまうから左側が浮いているのだ。その状態でペンを走らせてもスラスラとは書き込めない。

で、雑記帳にレベルダウンして使っている。

安い、ということはそういうことだ。と思う。

良いものはそれなりにするのだけど、それでいいのだ。と思っている。

安かろう悪かろう、という思いから日本人は脱するべきなのだろう。と経済学のお勉強からもそう思う。

 

私が使っているノート

 

やっぱり厚手のノートに魅力を感じるけれど、ノットはノートで厚すぎれば左側が書きにくいことを考慮しつつ最大で100枚、つまり200ページくらいのノートがもっとも使い勝手が良いのだろう。とモアイは思う。

 

 

これがまたその辺の近所では売っていない、たいていが薄手ノートの5冊セットのようなものでビニールにくるまれていて、どうも魅力を感じない。

おそらく探している人もいるだろうから、記しておこう。

 

B5厚手100枚200ページノート 別メーカー

B6厚手ノート(これは60枚120ページ限界なのだろう)

A4厚手ノート100枚200ページのノート

いまのところこれを使っている。

 

もう少し厚手でも左右ページともに書きやすく紙質にもこだわっているノートもある。

1冊使っているがさすがに雑記帳のように使うのには抵抗がある。

 

ふと思ったのだけど。罫線もなにも入っていない無地のノートを使ってスケッチ日記みたいな使い方をするひともいるんだよな。

ならば髪質は良いにこしたこともないんだな。

ということを知った。

絵心のある人はいいな、ちょっとうらやましい。

でも、そうであったら、絵筆とかにも凝ってぢまいそうな気がする。

 

なんにしても文房具は昔から好きだ。

きっと前世でなにかがあったのかも、くらいに理解している。

 

ではまたな。

 

厚手のノート、手帳といった方が良いのだろうけれど、ここまで厚いと・・・

持ち運びとかかばんに入るのか?とか考えてしまうわ。

文庫の大きさならこれかな

こういうノートなどを持つとカバーが欲しくなるのだ。

文庫本を読むときにカバーを欲しいなぁ、と思ったことないか?

これはA5用だけどな。

 

これ、高い、でも欲しい・・・

革製はなぁ、使い込んでいくと余計な愛着湧いてな。

長~く使うことになるんだよな、今手に入れると、文字通り死ぬまで使うことになるのかもな。遺書でも書いておいて、孫にでも贈るかな。でもあれか使い古しより新品かな

欲しいものリストに入っている。

A5用だ。

 

このくらいで済ますのも分相応かな・・・

半額に近いけどね。

なんてな。

 

しっかしいいなぁ、文房具、英語でなんて言うんだっけ?ファニチャリ?

 

検索したら
stationeryだったステーショナリー?で良いのかな。

そういえばリングノートでも左側のページが書きやすいですよ。

というノートが出てきた。

リングノートは反対側に折ることができるからなくてもいいということもあるのだけど見開きでもリングが邪魔にならないのはいいかもしれないね。

このリングノートの場合50枚だが、よく考えてみると100枚だと重くて帰って使いづらくなるかもしれないからこのくらいが良いのかもしれない。

B5の80枚、というのはある。

メーカーも゛使いやすいノート”というテーマには余念がないのだろうから、リングノートでは80枚くらいが使いやすい限界なのかもしれないな。

タイトルとURLをコピーしました