独りで生きることになるであろう残りの半生をどう生きて行こうかなぁ

まぁこのブログはそういうこと。

残りの半生ってやたらめったら長そうで、もしかして30年、人によっては40,50年?ちょっと前まで「そろそろお迎えがぁ」などと半分諦めの境地であったもものが「人生100年時代!!」キリっとかしていわれてもなぁ。

テレビなんかでも元気な90歳代がバンバンインタビューを受けている。そういうのを観ると、つい先ごろまで持病で終活を考えていた人間までちょっと期待し始めるか、「まだ生きにゃぁいかんのか?」「遺憾、いやん、バカアン、いやよいやよも好きのうち」って隣国に完全に舐められまくって、もしかしたら気持ち良すぎて新しい世界の扉を開いてしまったかもしれない日本の政治、政治家、政府」の対応にどううんざりしたら良いのか、次の選挙には自民以外に投票したいかも?と迷うところでございますな。
(皮肉でございます。レーダー照射事件への対応が気に入らないのでございます。まぁ、こういう話は別な「もめのまんま」のほうででしますね。)


どうせ生きなきゃならんのなら面白おかしく自分らしく人に左右されることなく生きていきたいものなので、このブログの目的にも合致しているんだな。と今年になって気が付きました。

発想は《ヒトリミモアイ》の完全自由で書かせていただきます。

年甲斐もなく改めて自分の常識を最新版にアップデートしたい中高年の金数学ですな。


ちょっと思いついたので今年、最初のポストになりました。

2019年6月9日です。梅雨。

ニャンコでかくなったでしょう?

今までの椅子では2匹はギリギリ、たまに落ちます。ベッドで足の股ぐらに眠られると寝返り打てません。

それに、それぞれの居場所をつくり始めていて方や椅子の独占、かたや本棚の上によじ登り上から見下し睥睨しています。「われはメス猫」みたいな。

タイトルとURLをコピーしました