【筆者Profile】中高塾年からの独り身人生、その後半戦の歩き方のようなものをしっかり計画、手順を記録しておきたい。

人生の後半戦が始まってしまったぁ

このブログはほぼ、40代以上の中高熟年の読者を対象にして書いています。

人生半分も過ぎますと様々なことが起こってきまして途方に暮れることが起こったり、人生最大かもしれない問題や事件が次々と起こりときに困惑、困窮することが湧き上がってきまして大変困ることになるわけで・・・

だからといっていつまでも放って置ける事柄でもないので勇気を持って解決に立ち向かうしかないわけで、40代、50代、60代とそれぞれの身に起こることは個人差がありますし、もっと上の年代で起こるはず、「起こるべき!」と思っていたことが40代で降り掛かってくることさえあります。

現実にこのブログの筆者がそうでありました。40代を迎えてすぐに妻を亡くしましたので、間違いなく人生というのは先が見えないもので、「この先どうやって生きていこうか?」と散々悩み続けました。

そんな暗い時間を独り立ち続けたように思いまして、ずっと海を見続けるイースター島のモアイ像がイメージされたものですからMr-Moai(モアイ)というHN(著者名)で運営しています。(単純な発想でしょうかね?)

人生色々ありまね。今更ながら、もっと一生懸命若い時を過ごせば良かった・・・彼女が生きているうちに・・・と思うのです。

若いとき20代、30代の人生始まったばかりの生命力が溢れている年代から、少し下り坂が始まるのです。モアイの場合は・・・崖でしたけれど。

 

人生の後半戦は、残りの年月を少しだけ注意深く、生きていきたい。

だから転ばぬ先の杖ならぬ「転ばぬ先の知恵」のようなブログを創りたいと思いました。

夫婦問題「次は失敗しないんだ・・・」

夫婦の別離:人によっては離婚か死別

a0002_010080-e1386819702482

いつかどこかで人は別れるわけで、何らかの形になるわけです。

 

夫婦の人生でおそらく一番多いであろう離婚と最後は必ずと言っていいほど間違いなく死別ですね。事件や事故での死別もありますが、ここでは扱うことは少ないと思います。

一生独身

初婚を迎えることなく一生未婚のまま、という完全独身貴族ってこともあるでしょう。こういう考え、言葉を思いつくのは一度は結婚して若いうちに独りになったからでしょうか? なにかこう気持ちが、心持ちが理解もできるような気がします。

 

人によっては再婚

別離のあとにて

離婚のバツイチさんも死別のやもめでも再婚を決意する人がいらっしゃると思います。

周りから紹介され薦められることだってあるものですし自ら心の底から決断するときだってあるのです。「心の底から誰かとまた幸せになりたい」どんどん求めれば良いのです。筆者はそう考えています。

そんな話をしたいのです。

家族:子供・孫

子供はいると楽しい。間違いなく楽しい。人生を楽しめる。

小さいうちがもっとも楽しい。

大人教育を始めるのだ

大人になって子供がパートナーを見つけ結婚し、自分の家族が出来た時、例えばときに親子喧嘩をして疎遠になったとしても、あとあと思うのだけれどそれさえも考え方しだいなんだなぁ、と思えるのでそんなお話も・・・

孫の誕生

おそらく手放しで良い。

まだいませんので

人生引退までに

モアイは50歳代です。少し、気が早い話かもしれませんが終活の話です。やはり夫婦死別をした者ですから考えないわけにはいかなくて関心が深いのです。

ピンピンコロリが一番です。つまり健康寿命に興味があります。

もちろん同時に元気に活きていくためにはお金だって必要です。

だからそんな話を書いていきますね。

タイトルとURLをコピーしました