独身になった一人の男、女のための今後の話

独身になった一人の男、女のための今後の話 やもめ志向

やもめというのは夫婦の一方が人生のパートナーである相棒と死に別れた夫または妻のことであり、呼び名は「未亡人」「やもめ(寡夫・寡婦)」「後家さん」などいくつかはあるが殆どは女性のための呼び名であり男性のための呼び名ではない。その理由として「男の場合、後妻をもらって再婚することが多かった少しの昔の慣習が残っているからだそうで、「やもめ」は主に女性に使うので男の場合「男やもめ」か「寡夫」くらいしか呼び名はないそうだ。

 

ここではそんな「配偶者と死に別れた人」の今後を考えた記事を書いていく。

ちなみに筆者は愛妻を病で喪った者です。

やもめ(死別者)はどうやって生きていこうか?

その後をどうやって生きていこうか?

あなたも悩んだのではなかろうか?

筆者(今後は《ヒトリミモアイ》と自称します)は大いに悩みました。

再婚だって考えた。このまま独りでいこうか?とも考えたし子どもたちに相談したこともあるけれど、当時は大反対されたことが忘れられません。

そういうひとり親として子育てのこと、独り身に戻った葛藤や再婚についての是非のお話を書いていく予定であります。

 

男と女のあれやこれ

男やもめや未亡人がどこかの誰かとお付き合いするには、、、でも再婚するのは難しいのかも? 死別者はいろいろと面倒くさいのです!

そうなんですね。 ここまで男やもめの独り身生活に慣れてしまうといまさら再婚は・・・ってこともありますし、未亡人ならば、お子さんがいて子連れ再婚を目指すのはもともと難しいと考えがちかと思いますが、絶対ではないですし実際にうまく腎性を楽しんでい...
2019.08.21
バツイチ志向

【筆者Profile】中高塾年からの独り身人生、その後半戦の歩き方のようなものをしっかり計画、手順を記録しておきたい。

人生の後半戦が始まってしまったぁ このブログはほぼ、40代以上の中高熟年の読者を対象にして書いています。 人生半分も過ぎますと様々なことが起こってきまして途方に暮れることが起こったり、人生最大かもしれない問題や事件が次々と起こりときに困惑...
2019.07.29
やもめ志向

《やもめの眠れない25時》現代寿命と人生観のようなもの

ちょっと思ったんです。 いま現在の平均寿命って80歳を超えているわけじゃないですか? 昔、イメージやすいの侍の時代ですと「人間、50年」と信長さんが舞っていましたな。 (実際はもっと短かったらしいですけど) 「ん、という...
2017.12.22
タイトルとURLをコピーしました