Profile

そろそろ《海を見続ける》ことに飽いたモアイのブログです。

仲良く並んでいるモアイ、少し離れたところで一人立ち続けるモアイ。

海を見て仲が良さそうに並んで立っているモアイのグループ画像もあるけれど、どうも自分じゃないな、という思いがそのままでやっぱり独り立っていたいなぁ、という画像であります。

一応、モアイだけではモアイさんたちに悪いかな。と考えて《Mr.Moai》にしたのですが、自分でMr.をつけるのはおかしいかな?あとで気が付いたのですが、いまから治すのは大変なのでそのまま行こうかなと・・・

そう、独り立つモアイであります。

読んで字のごとく独り者の爺さんであります。

 

 

子供は娘ばかりの4人姉妹でして、今では初孫も一人生まれました。

 

まったくもう!!であります。

はい、奥さんは死にました。小学生の子どもを二人も遺して逝っちまいました。

こんな可愛い子たちを遺して・・・

 

もう十数年前のことですが、当時のことはいまだまざまざと覚えていますが、このブログでは少し視点を変えて未来を、人生後半戦のあと10年、20年をどう生きるか?を書いていきたいと思います。

 

 

だいたいが人生前半戦でいろいろとくたびれたところや壊れたところも汚れたところもそれなりに見えてくることですからね。ここは妻が死んだ40代前半から60代くらいのかたならばわかってくれそうな、たまには同感に意を持ってくれて、ときには共感してくれそうな?そんなテーマで幅広く書いていきたいな。

・・・と。

 

ちょっとプロフィールなんぞを。

還暦を迎えたIT親父です。

20代の頃は、コンピュータの出始めの頃で、会社内には適任者がみあたらなかったらしくまだ若さのあふれるフレッシュなナイスガイである私にオフスコンピューターやパーソナルコンピューターいわゆるパソコンの全担当者としてお鉢が回ってきまして、それなりに苦労な20代30代ではありましたが、いまではあの頃があったから今の私がいるわけで、おかげさまでパソコン講師や、Word、EXCEL、Accessなどオフィス全般を使った講習などで10数年生かされてきました。

 

プログラミングは趣味程度でしたが、当時まだ会社員時代の26歳の頃でした、自分の業務を楽にしようとマクロを組んで一連の作業を自動化して使っていましたら、先見の明がある人で尊敬している、ときの上司が「これパッケージにして同業他社に1件200万くらいで売れるで」とおっしゃっておりました。

当時はソフト(プログラム)ってバカ高かったんです。いまでは数万円の一般的なソフトでも昔は500万とかね、当たり前で・・・

 

同業他社は80社くらいあったのですがその業務は、みんな手書き作業だったのですね・・・

プログラム名は秘密にしておきますね。

 

そんなこんなで今では、その上司には多大なる感謝しかありません。

 

しかし、妻を亡くして以来、そういう人様にものを教えるとかの意欲をなくしまして、Webのほうに舞台を移しております。

 

そう言えば、1度だけですが、妻が亡くなってから数年後、妻の親友だったかたが旦那(私とも顔見知り)と、火の消えた我が家を訪ねてきましてな

 

「転職したいと思うのだが、先日面接した建設会社の面接官がオフィス関係のソフトを動かせる人が欲しいとのことで、次の面接で合格したいので、ぜひ私に教えてほしいとのことでした」

 

亡き彼女の引合せだな、と思ったので快く引き受けまして、まったくオフィスのオの字もパソコンも触ったことがない人を1週間という期限のなかで、もう本当にスパルタで教え込んで、その会社に合格したことがありました。 ちょっと誇らしかったです。

 

いまはWebで私と同じくらいの年代の方向けにブログやネットの利用法などを発信しています。

 

ブログを読んでいただけるとご理解いただけるようにがんばります。あと10年? くらいはね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました